資金調達

【24時間以内】今すぐ誰にもバレずにお金を借りる方法おすすめランキング12選【少額融資から高額な借入まで、金額別に比較】

急にお金が必要になった時、どうやってお金を用意すれば良いのでしょうか。

今回はすぐにお金を借りる方法を金額別、状況別に解説していきたいと思います。

個人でお金を借りる方法まとめ

※右にスクロールできます

おすすめ度 方法 融資

スピード

借入可能額 メリット デメリット
24時間

以内

10万円

以下

10万円~

30万円

30万円超
消費者金融を利用する  〇 〇  〇  ・1時間以内に借りられる可能性が高い

・家族や友人にバレない

・金利が高い
クレジットカードのキャッシング機能  〇 〇  〇  ・1時間以内に借りられる可能性が高い ・金利が高い

・クレジットカードをもっていないとダメ

ゆうちょの自動貸付  〇 〇  〇  ・1時間以内に借りられる可能性が高い

・金利が安い

・審査が不要

・ゆうちょで定期預金か定額預金をしていないとダメ
生命保険の契約者貸付制度  〇 〇  〇  ・1時間以内に借りられる可能性が高い

・金利が安い

・審査が不要

・契約者貸付制度のある生命保険に加入していないとダメ

・契約者のみ利用できる

質屋でブランド品などを担保にして借りる  〇 ・1時間以内に借りられる可能性が高い

・家族や友人にバレない

・ブランド品などの高額商品が手元にないとダメ

・金利がめちゃくちゃ高い

友人から借りる  〇 〇  〇  ・金利がほぼかからない可能性がある ・信用をなくす可能性がある

・多額に借りられない

交番で借りる  〇 ・金利(利息)が発生しない ・トラブルに巻き込まれたという理由がないと借りられない

・多額に借りられない

・未成年んの場合は親にバレる

・返済しないと逮捕される

銀行・信金・労金で借りる  〇 〇  〇  ・金利が低い

・審査完了まで1週間程度と比較的早い

・審査が通らない可能性がある
ペイメントの少額融資を利用

PayPay LINEPay

・新規サービスのため無利息キャンペーンなどが充実

・審査完了は翌日~1週間程度と比較的早い

・50万円を超えるような多額な借入は原則できない

・金利が高い

緊急小口制度 ・1週間以内に借りられる

・金利(利息)が発生しない

・限度額が10万円以下と決まっている
従業員貸付制度  〇 〇  〇   ・金利が低い可能性が高い  ・会社にバレる

・従業員貸付制度がない会社が多い

公的な貸付制度

臨時特例つなぎ資金貸付制度

求職者支援金融資

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度 など

 〇 〇  ・金利(利息)が発生しない、もしくは低金利  ・条件を満たしていないとダメ
マイクロファイナンス  〇 〇  ・金利が低い

・審査に通りやすい

・少額しか借りられない

※表中の各方法をクリックするとその方法に詳しい説明にジャンプできます。

目次

消費者金融でお金を借りる

消費者金融を利用する方法が、今すぐお金を借りたい人にとっては一番おすすめの方法になります。

消費者金融を利用するメリット・デメリット

消費者金融を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・1時間以内に借りられる可能性が高い

・家族や友人にバレない

デメリット

・金利が高い

やはりメリットの「すぐに借りられる」、「家族や友人にバレない」というところが最大の魅力です。

また、デメリットの「金利が高い」というところについては、各社の最大30日間無利息キャンペーンを利用し、デメリットを補うのがよいでしょう。

キャッシング・カードローンで、即日融資を受けることができる

一般的に、消費者金融を個人が利用する場合には、キャッシング・カードローンという手法でお金を借ります。

この方法は、基本的にWEBやアプリ、もしくは無人機やATM、店舗などを利用して、審査を受け、その日中にお金をすぐに借りることができる便利な方法です。

キャッシングというのはそもそもお金を借りることの総称です。

また、インターネットやアプリ、スマホなどが普及していない時代には、カードを発行し、そのカードを利用してATMや無人機でお金を借りていたことから、カードローンと呼ばれることもあります。

キャッシング・カードローンでおすすめの消費者金融5選

ここからは、キャッシング・カードローンでおすすめの消費者金融を紹介していきます。

すべて大手であり、CMなどもしており、顧客サービスが良いのが特徴です。

また、ひどい取り立てもなく、評判も良い消費者金融です。

ですので、ここで紹介している消費者金融であればどこでも安心してお金を借りられると思います。

ちなみに、アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットの大手4社を373人の口コミ調査から比較した表もありますので、参考にしてみてください。

大手消費者金融キャッシング・カードローン比較表(弊社独自調査結果)

※横にスクロールできます

1位:アコム

2位:プロミス

3位:アイフル

4位:SMBCモビット

調査人数 100人 100人 99人 74人
審査通過率

91%

91%

82%

70%

審査・融資スピード

速い

30分以内審査完了:40%

1時間以内審査完了:75%

2時間以内審査完了:90%

速い

30分以内審査完了:44%

1時間以内審査完了:68%

2時間以内審査完了:90%

速い

30分以内審査完了:46%

1時間以内審査完了:74%

2時間以内審査完了:83%

やや速い

30分以内審査完了:30%

1時間以内審査完了:46%

2時間以内審査完了:70%

借入限度額

普通

50万円以下:71%

50万円~150万円:21%

150万円~250万円:4%

普通

50万円以下:70%

50万円~150万円:28%

150万円~250万円:1%

少ない

50万円以下:75%

50万円~150万円:22%

150万円~250万円:2%

多い

50万円以下:67%

50万円~150万円:25%

150万円~250万円:6%

金利

安い

5%未満:26%

5%~11%:19%

11%~17%:31%

17%超:24%

普通

5%未満:19%

5%~11%:9%

11%~17%:45%

17%超:27%

安い

5%未満:22%

5%~11%:24%

11%~17%:28%

17%超:27%

安い

5%未満:20%

5%~11%:15%

11%~17%:43%

17%超:22%

取り立て・オペレーター

返済遅延時、原則携帯への電話のみ

丁寧・親切

返済遅延時、原則携帯への電話のみ

丁寧・親切

返済遅延時、原則携帯への電話のみ

丁寧・親切

返済遅延時、原則携帯への電話のみ

丁寧・親切

※調査内容は以下の通り

調査内容

【調査概要】各社の審査、借入限度額、金利、取り立てに関するWEB調査

【回答者】即日融資可能なカードローンの審査を受けた男女373名

【調査日】2021年8月~9月

【調査項目】

・審査スピード

・審査について

・借入限度額について

・金利について

・返済・取り立てについて

また、おすすめのキャッシング・カードローンを紹介している記事もありますので、よろしければご覧ください。

即日融資okのおすすめカードローン
【2021年12月最新】即日融資・審査が甘いキャッシング・カードローンおすすめランキング4選【373人独自調査】

ビジネスや普段の生活の中で、お金が急に必要になる場面は多々あります。 そんな時に便利なのが、キャッシングやカードローンと呼ばれるものです。 今回は、即日融資可能なカードローン各社の審査を受けたことのあ ...

続きを見る

アコム

アコムの審査を確認してみる

特徴

・審査通過率91%

・審査スピードが早い(審査完了まで2時間以内となる確率90%)

・金利、借入限度額も他社より優遇される可能性あり

※あくまで弊社調査の結果となります。

アコムは、審査通過率、審査スピードが早く、金利や借入限度額も比較的優遇される可能性があり、おすすめ度1位のキャッシング・カードローンです。

また、三菱UFJフィナンシャル・グループが運営しており、CMもよくうっているため、非常に安心感のあるなカードローンです。

消費者金融系カードローンとしてどれか一つを選べと言われればアコムと言えるかと思います。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

【2021年12月】アコムは審査が速くて◎!100人の口コミ調査・ヤバい評判からメリットデメリット徹底検証

消費者金融としておなじみのアコムですが、果たして実際にお金を借りるとなると大丈夫なのでしょうか? 今回は、アコムのキャッシング・カードローンについて弊社完全独自調査により集めた100人の口コミをもとに ...

続きを見る

アコムで借りられるか確認

アコム カードローン の基本情報【貸付限度額・実質年率(金利)・借入返済方法・安全(安心)性など)】

貸付限度額 800万円
審査・融資スピード ・本審査最短30分

・お申し込み完了後、最短1分程度で口座振込可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

実質年率(金利) 3.0%~18.0%
無利息期間 30日間
安全性(安心性)

三菱UFJフィナンシャル・グループが運営しており、安全性は間違いなくトップクラスであるため満点評価

借入・返済方法 【借入方法】

インターネット、店頭窓口、ATM、金融機関、コンビニなど

【返済方法】

インターネット、店頭窓口、ATM、金融機関、コンビニなど

金利18%の場合、返済期間最長46回(約4年)

※詳細はアコムのホームページでご確認下さい。

申込可能年齢 20歳以上60歳以下
WEB完結の可否 可能
収入証明書の要否 以下の場合に必要

・希望のお借入額が50万円を超える場合
・今回の契約額と他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

サービス 30日間無利息サービス

アコム 公式サイトへ

プロミス

特徴

・審査通過率91%

・審査スピード1時間以内が大半

※あくまで弊社調査の結果となります。

プロミスカードローンも即日融資にこだわったキャッシング・カードローンです。

ノンバンクカードローンでオリコン顧客満足度調査1位ということで、安心感も高いのが特徴です。

ちなみに、100人の口コミを分析した弊社独自調査による審査通過率は91%と高く、学生、無職、フリーターもほとんどの人が審査通過していました。

また審査完了までのスピードも1時間以内がほとんどで、非常におすすめのカードローンだと言えます。

【2021年12月】プロミスはすぐ借りられて審査も早い!!100人の口コミ調査から分かった借入限度額、金利、取り立て

ちょっとしたお金がすぐ必要なときに便利なのがキャッシング・カードローンです。 今回は、大手の一つプロミスのキャッシング・カードローンについて弊社完全独自調査により集めた100人の口コミをもとに 審査か ...

続きを見る

プロミスでお金を借りられるか確認

プロミス カードローン の基本情報【貸付限度額・実質年率(金利)・借入返済方法・安全(安心)性など)】

貸付限度額 500万円
審査・融資スピード ・最短30分で融資可能
実質年率(金利) 4.5%~17.8%
無利息期間 30日
安全性(安心性)
借入・返済方法 【借入方法】

店頭窓口(平日10時~18時)

プロミスATM

提携銀行ATM(銀行口座への振込融資)

【返済方法】

店頭窓口、コンビニ、ATMなど

残高スライド元利定額返済方式

返済期間最長6年9カ月

申込可能年齢 20歳~69歳
WEB完結の可否 可能
収入証明書の要否 以下の場合に必要

・希望のお借入額が50万円を超える場合
・今回の契約額と他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

キャンペーン 30日間無利息キャンペーン

会員優待サービス「おとくらぶ」

振込キャッシングによる三井住友VISAプリペイドへのチャージが可能

プロミスの15秒審査を受けてみる

アイフル

アイフル

特徴

・審査通過率が82%

・審査完了まで30分以内が約半数

・審査次第で金利が安くなる可能性がある

※あくまで弊社調査の結果となります。

アイフルのキャッシングローンも即日融資に徹底的にこだわったカードローンです。

ノンバンクカードローンで価格COM人気ランキング第1位ということで、安心感も非常に高いカードローンのためおすすめのカードローンの一つです。

ちなみに、99人の口コミを分析した弊社独自調査による審査通過率は82%とアコムやプロミスの次に高い結果でした。

また、審査完了までのスピードも30分以内が約半数と、非常におすすめのカードローンだと言えます。

さらに、審査結果次第では、比較的金利も抑えることができる可能性が高いということもわかっています。

【2021年12月】アイフルの審査は早くてGOOD!!99人の口コミ調査・良い悪い評判からメリットデメリット徹底検証

消費者金融としてCMなどでおなじみのアイフルですが、果たして実際にお金を借りるとなると大丈夫なのでしょうか? 今回は、アイフルのキャッシング・カードローンについて弊社完全独自調査により集めた99人の口 ...

続きを見る

アイフル審査の詳しい情報はこちらへ

アイフル キャッシングローン の基本情報【貸付限度額・実質年率(金利)・借入返済方法・安全(安心)性など)】

貸付限度額 800万円
審査・融資スピード ・WEB申込みなら最短25分で融資可能

※状況によりご希望に沿えない場合があります

実質年率(金利) 3.0%~18.0%
無利息期間 初めての方は最大30日間
安全性(安心性)
借入・返済方法 【借入方法】

セブン銀行、ローソン銀行ATM

提携銀行ATM(銀行口座への振込融資)

【返済方法】

銀行、口座振替、銀行振込、ATMなど

返済期間最長14年6カ月

申込可能年齢 20歳~69歳
WEB完結の可否 可能
収入証明書の要否 以下の場合に必要

・希望のお借入額が50万円を超える場合

・今回の契約額と他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

キャンペーン お知り合いの方をご紹介いただいた方に、10,000円分のVプリカをプレゼント

アイフル 公式サイトへ

SMBCモビット

特徴

・審査通過率70%

・審査次第で、金利や借入限度額は優遇される可能性あり

※あくまで弊社調査の結果となります。

SMBCモビットカードローンも即日融資がウリのカードローンです

会員数も50万人以上と実績も十分なカードローンです。

SMBCモビットカードローンは弊社の独自調査によれば、

・金利を低くしてもらえる可能性がある

・借入限度額を高めにしてもらえる可能性がある

といった特徴がありました。

一方で、審査通過率は70%と少し低めでした。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

【2021年12月】SMBCモビットは金利が安くて枠がひろい!!74人の口コミ調査・ヤバい評判からメリットデメリット徹底検証

消費者金融としてCMなどでおなじみのSMBCモビットですが、果たして実際にお金を借りるとなると大丈夫なのでしょうか? 今回は、SMBCモビットのキャッシング・カードローンについて弊社完全独自調査により ...

続きを見る

SMBCモビット で借りられるか確認

SMBCモビット カードローン の基本情報【貸付限度額・実質年率(金利)・借入返済方法・安全(安心)性など)】

貸付限度額 800万円
審査・融資スピード ・本審査最短30分

・審査完了会員登録後、最短3分で口座振込可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

実質年率(金利) 3.0%~18.0%
無利息期間 無し
安全性(安心性)

SMBCグループ会社が運営しており、安全性は間違いなくトップクラスであるため満点評価

借入・返済方法 【借入方法】

提携銀行(三井住友銀行など)ATM(銀行口座への振込融資)

セブンイレブン(セブン銀行)

【返済方法】

提携銀行、ATM、銀行振込、口座振替など

返済期間最長60回(5年)。

ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)

申込可能年齢 20歳~69歳
WEB完結の可否 可能
収入証明書の要否 以下の場合に必要

・希望のお借入額が50万円を超える場合
・今回の契約額と他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

※SMBCモビットは限度額に関わらず、収入証明書を提出していただく場合があります。

キャンペーン カード作成、カードローン返済などでTポイントが貯まる

SMBCモビット 公式サイトへ

レイク ALSA

特徴

・60日間無利息キャンペーンがある

・最短60分で融資が可能

レイクも最短60分での即日融資がウリのカードローンです

レイクの特徴は、なんといっても、初めての利用者は、60日間無利息キャンペーンが利用できるところです。

弊社の調査では、アコム、プロミス、アイフルも30日間無利息キャンペーンがありますが、60日間無利息キャンペーンをやっている大手消費者金融はレイクだけでした。

レイクで借りられるか確認

レイクALSA の基本情報【貸付限度額・実質年率(金利)・借入返済方法・安全(安心)性など)】

貸付限度額 500万円
審査・融資スピード ・本審査最短60分

・審査完了会員登録後、最短3分で口座振込可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

実質年率(金利) 4.5%~18.0%
無利息期間 60日間無利息キャンペーン有
安全性(安心性)

新生銀行グループ会社が運営しており、安全性は問題なし

借入・返済方法 【借入方法】

振込、新生銀行カードローンATM、提携ATMなど

【返済方法】

新生銀行カードローンATM、自動引き落とし、提携ATM、銀行振込など

返済期間最長60回(5年)

申込可能年齢 20歳~70歳
WEB完結の可否 可能
収入証明書の要否 以下の場合に必要

・希望のお借入額が50万円を超える場合
・今回の契約額と他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

※限度額に関わらず、収入証明書を提出していただく場合があります。

キャンペーン 初めて利用で60日間無利息キャンペーン中

※初めて利用かつ5万円までの借入なら180日間無利息キャンペーンも同時開催中

 

レイクの審査を確認してみる

消費者金融の選び方は?

紹介したような大手消費者金融の場合、ほとんど違いはありません。

最短即日というところについては、審査が1時間以内なのか30分以内なのかなどはほとんど差がないポイントでしょう。

また、借入限度額もほとんどの人は50万円以内となってしまいます。

ただし、金利に関しては、審査結果次第で異なる可能性はあります。

なかなか返せない可能性があるのであれば金利はできるだけ低くしたいところです。

そこで、おすすめの方法は、審査を受けたことない大手消費者金融の審査に一斉に申し込むという方法です。

一番金利などの条件が良いところから借りればいいわけです。

また、同時に審査を受けることで、1社から30万円の借入限度額を設定されたとしても、5社で150万円の枠を確保できるというところも大きなメリットになります。

そんなに借りる必要がないという方もいるかもしれませんが、枠はたくさんあったとしても損は何一つありません

消費者金融を利用した時の即日融資、審査、返済方法や取り立てってどうなの?!

消費者金融を利用したことない人は、消費者金融って本当に大丈夫なの?!と思われているかもしれません。

ここからは、消費者金融の融資、審査、返済方法、取り立てなどについて説明していきます。

消費者金融の即日融資は、最短当日30分以内で借りれる?!

まず、消費者金融の即日融資について、改めて説明します。

まず、審査を受ける場合には、原則、WEB、店舗かATMのどれかになります。

一番手っ取り早くおすすめの方法はWEBです。

WEBで必要事項を打ち込み、運転免許証の写真を撮ればすぐに審査申込できます。

審査は、基本的に30分~1時間でほとんどの人は完了します。

ただし、人によっては1日以上かかる場合もありますので注意してください。

消費者金融の審査とは?審査で必要な書類は本人確認書類のみ

消費者金融の審査では、職業、収入、他社借入の多さなどが重要になってきます

基本的に必要な書類は運転免許証や保険証などの本人確認書類のみとなります。

収入や職業は自己申告でWEB上に打ち込む、もしくは申込書に記載するだけで良いです。

ただし、沢山借りる場合には、消費者金融によっては、収入証明書の提出が必要になります。

消費者金融の審査が通る条件とは?!無職や学生、アルバイト(パート)でも通る!!

弊社独自の373人の調査結果から、以下のような審査に通りやすい条件が見えてきました。

審査が通りやすい条件

・公務員やサラリーマンなどの安定した職業である

・年収が100万円以上である

・他社からの借入が100万円未満である

職業別の審査通過率(審査の通りやすさ)

弊社の373人調査では、公務員の場合はほぼ100%審査が通っていました。

また、学生、無職、フリーター、専業主婦でも50%以上は審査に通っていました

年収別の審査通過率(審査の通りやすさ)

弊社の373人調査では、年収が高い方が審査が通りやすいという結果になりました。

ただし、100万円未満の年収であっても70%以上の審査通過率となっていますので、年収が低いからといってあきらめてはいけません。

他社からの借入額別の審査通過率(審査の通りやすさ)

他社からの借入が100万円以上となると、審査に極端に通りにくくなります。

とはいっても、他社からの借入が300万円以上であっても、40%近くの人は審査に取っているのであまり悲観的になる必要はありません

逆に他社からの借入が100万未満ですと、審査には80%以上は通っています

配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でも、消費者金融のキャッシング・カードローンは利用できる?!

今回の調査結果では、専業主婦でも審査に50%が通過していました。

「専業主婦は、収入がないのだから、消費者金融でお金を借りるのは無理では?」

「専業主婦は銀行のカードローンでしかお金を借りれないのでは?」

と思った方も多いのではないでしょうか。

実際に、今回紹介した5社の大手消費者金融は、収入がない専業主婦は借入ができないことになっています。

ですが、例えば、専業主婦だけど、バイトで100万円以下の収入がある人なども多いのではないでしょうか。

そういう人であれば今回紹介した大手消費者金融でもお金を借りられますし、何かしら理由をつけて借りている人も現状としては多いのかもしれません。

また、ベルーナ・ノーティスなど一部の消費者金融や銀行のカードローンは配偶者貸付という制度に対応しており、完全に無収入の専業主婦であったとしても、

夫の稼ぎの3分の1まで借入をすることが可能です。

ただし、その場合は、夫の許可が必要になりますので、夫にバレずにこっそり借りることはできないので注意が必要です。

ベルーナ・ノーティス公式サイトはこちらから

消費者金融の利用に、担保、保証人は不要

お金を借りるとなると、担保や保証人が必要となることが普通です。

消費者金融のキャッシング・カードローンであれば金利が高い、借入限度額は少ないなどのデメリットはあるものの、担保、保証人は一切不要であるため手軽に借りられるというのが最大の魅力です。

消費者金融で実際に現金を借りるときは、無人機かコンビニ、ATMを利用

消費者金融で審査申込、契約までの流れは完全にWEBで完結することができます。

実際に銀行口座に振り込んでもらい、そのお金を何かの支払いでそのまま銀行振込や自動引き落とししてしまうということでしたら、現金を直接手にする必要はありません。

しかし、何かしらの理由で手元に現金が必要という場合は、無人機、コンビニや提携しているATMなどを利用する必要があります。

コンビニを利用する場合の注意点は、手数料

お金を借りる時に手数料などを支払いたくないという人は、コンビニやATMは極力利用せずに、無人機や店頭でお金を受け取るようにしましょう。

ただし、一部の消費者金融では特別に提携しているATMを利用した場合も手数料が無料というところもあるようです。

手数料は数百円レベルの話ではありますが、お金を借りなければならない状況ということなので、できることなら、少しでも節約しておいた方がよいでしょう。

消費者金融のキャッシング・カードローンはスマホアプリやWEB、ネットを使えば家族や友人にバレずに安心して借りられる

家族や友人など、誰にもバレずにこっそりお金を借りたいという人が大半ではないでしょうか。

友人にバレるケースはどんな借入であってもよほどのことがない限り、バレることはありません。

ですが、家族に借金がバレるパターンはありえます。

それが、自宅への郵送物や書類です。

消費者金融では、他の借入手段と違い、バレずにお金を借りられることがウリとなっているため、郵送物が自宅に届くなんてことは絶対にないように管理されていますのでその点安心です。

また、基本的には、スマホアプリやWEB、ネットなどを活用し、できる限り紙の書類を自宅に持ち込まないようにしましょう。

カバンに書類が入っていて、それを奥さんにたまたま見られてばれてしまったという人もいるようですので注意してください。

消費者金融の取り立ては本人への電話のみ

さて、消費者金融を利用するときに、気になることの一つとして取り立てがあります。

弊社の373人の独自調査でも、返済が遅れた時に、取り立てがどのように行われたかを確認しました。

その結果、取り立ては本人への電話のみという答えが大半でした。

また、返済が遅れてもとても丁寧かつ親切に対応してくれて安心したという意見がかなりありました。

ただし、本人が電話に全くでない場合には、「職場に電話がかかってくる」、「自宅に郵送物が届く」こともあるようです。

もし返済が遅れる場合には、自分から消費者金融に電話し、その旨を伝えるようにしましょう。

しっかり連絡がつくようにしておけば、家族にはバレませんので安心してください。

消費者金融の返済方法

消費者金融はどこでも、様々な返済方法を用意してくれています。

また、多くの消費者金融が最長60ヵ月払い(5年払い)で1か月数千円からの返済に対応しています。

返済方法

・自動引き落とし

・銀行振込

・専用の無人機

・店頭

・コンビニ

・提携ATM

消費者金融の金利(利息)は高いので注意

誰でもすぐに借りられて、家族にもバレないというメリットづくめの消費者金融ですが、金利が高いというのが唯一のデメリットになります。

弊社の調査でも金利の上限である17%~18%近くまでなってしまっている人も多く存在しました。

しかし、審査の結果数パーセントの金利ですんだという人も多く存在していました。

金利に関しては、アコム、アイフル、SMBCモビットが比較的低くなる傾向にあるようです。

また、審査の結果次第で金利は大きく変動する可能性があるため、できるだけ多くの消費者金融の審査を受けて、金利が安くなったところから借りるようにするのが良いでしょう。

ちなみに、各社簡易審査というのもあり、数秒で審査結果が出ますので、まずはそれを利用してみてもよいでしょう。

アコムの簡易審査はこちらから

プロミスの簡易審査はこちらから

アイフルの簡易審査はこちらから

SMBCモビットの簡易審査はこちらから

レイクの簡易審査はこちらから

消費者金融の金利を無利息(無利子)にする方法がある!

実は、消費者金融の金利を無利息(無利子)にする方法が一つだけあります。

それが、無利息キャンペーンを利用するという方法です。

2021年10月16日現在、SMBCモビットを除く各社がそのキャンペーンを実施しており、初めての利用の場合だけ、30日間~180日間無利息でお金を借りられます。

アコム 30日間無利息キャンペーン中
プロミス 30日間無利息キャンペーン中
アイフル 最大30日間無利息キャンペーン中
レイク 60日間無利息キャンペーン中

※5万円までの借入なら180日間無利息キャンペーン中

SMBCモビット 無利息キャンペーンなし

消費者金融を複数かけもちで利用する場合は、審査のタイミングに注意

お金を借りることは、基本的にはあまりよろしくないことです。

初めて借りる時は「今回だけ」と思っている人も多いでしょう。

ですので、「1社だけ審査を通して10万円の枠を作っておけば問題ないだろう」と考えている人も多いかもしれません。

しかし、実際に10万円を借りなければならない人は、収入アップするなど何かしらのきっかけができるまでは借金をだらだらとしてしまう人が多いのも現状です。

先ほども解説しましたが、他社からの借入が増えれば増えるほど、審査が通りにくくなる傾向がわかっています。

だとすれば、ある程度最初から複数の大手消費者金融の審査を通して登録しておいて損はありません

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

さて、ここからはクレジットカードのキャッシング機能を利用した借入について説明していきます。

クレジットカードのキャッシング機能を利用するメリット・デメリット

クレジットカードのキャッシング機能を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・1時間以内に借りられる可能性が高い

デメリット

・金利が高い

・クレジットカードをもっていないとダメ

キャッシング機能がついているクレジットカード4選

実は、キャッシング機能がついているクレジットカードはそう多くはありません。

ですが、今回紹介する4つのクレジットカードはキャッシング機能があります。

何かあった時にすぐにお金を借りれるように事前にもっておいて損はないクレジットカードです。

ACマスターカード

特徴

・年会費永久無料

・カードは、即日発行可能

ACマスターカードは、アコムが提供しているクレジットカードです。

基本的にはアコムのキャッシング・カードローンの枠や審査と同じ扱いになるため、アコムの審査が落ちた人はこのACマスターカードも作れない可能性が高いです。

また、アコムのキャッシング・カードローンを借入限度額マックスまで借りてしまっている人は、ACマスターカードを作れない可能性もあります。

ACマスターカードは、クレジットカードとしても非常に優秀で年会費永久無料であるにもかかわらず、ポイントが0.25%程度つきます

ですので、いざという時にすぐに借りるためにクレジットカードとして持っておくというのもアリではないかと思います。

ACマスターカード公式

ACマスターカードのキャッシングの基本情報【貸付限度額・実質年率(金利)・借入返済方法・安全(安心)性など)】
貸付限度額 1万円~800万円
融資スピード キャッシング枠の設定や増額審査は最短30分

利用可能額の範囲内で即時振込

実質年率(金利) 3.0%~18.0%
無利息期間 契約日の翌日から30日間は無利息

ライフカード

特徴

・年会費永久無料

・カードは、3営業日で発行可能

ライフカードも、年会費永久無料でありながら、ポイント還元率が0.5%~1.5%とかなり高いお得なクレジットカードです。

いざという時にすぐに借りるために作るクレジットカードとしてはピッタリだと思います。

ライフカード公式

ライフカードのキャッシングの基本情報【実質年率(金利)】
実質年率(金利) 13.5%~18.0%

エポスカードのキャッシング

特徴

・30日間金利0円

・ATM手数料0円

エポスカードはキャッシングに力を入れているクレジットカードの一つです。

30日間金利0円、ATM手数料0円などちょっとしたキャッシングには便利な機能がついているのが嬉しい特徴です。

エポスカードのキャッシングの基本情報【貸付限度額・実質年率(金利)・借入返済方法・安全(安心)性など)】
貸付限度額 50万円
融資スピード キャッシング枠の設定や増額審査は最短10分

利用可能額の範囲内で即時振込

実質年率(金利) 18.0%
無利息期間 30日

エポスカード 公式サイトへ

セゾンカードのキャッシング

特徴

・セゾンカードの申し込みから受け取りまでを即日行うことができ、即日キャッシングも現実的

・貸付限度額は最大で300万円と高めに設定

セゾンカードもキャッシングに力を入れているクレジットカードの一つです。

セゾンカードは申し込みからセゾンセンターにて即日発行を受けることが可能で、その後キャッシングの申し込みをすれば即日融資も可能なクレジットカードとなっているのが最大の特徴です。

このクレジットカードだと、学生や主婦などでも融資が受けられる可能性があるため便利です。

セゾンカードのキャッシングの基本情報【貸付限度額・実質年率(金利)・借入返済方法・安全(安心)性など)】
貸付限度額 300万円
融資スピード クレジットカードを持っていなくても、即日発行を受けることで、即日融資が可能
実質年率(金利) 12.0%~18.0%
無利息期間 なし

セゾンカード 公式サイトへ

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行の自動貸付とは、ゆうちょ銀行に定期預金もしくは定額預金があれば、それを担保にお金を借りられる制度です。

貸付金額の上限 預入金額の90%以内

※1冊の総合口座通帳につき300万円まで

貸付期間 貸付けの日から2年
貸付の方法・回数 通常貯金の残高を超える払い戻しがあれば、自動的に貸付になる

貸付回数に制限なし

返済の方法・回数 貸付金額と貸付利息を、通常貯金に預入すると自動で返済扱いになる

返済回数や一回あたりの返済金額に制限なし

貸付金利 約定金利+0.25%~0.5%

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用するメリット・デメリット

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・1時間以内に借りられる可能性が高い

・金利が安い

・審査が不要

デメリット

・ゆうちょで定期預金か定額預金をしていないとダメ

ゆうちょ銀行の定期預金か定額預金があれば、圧倒的におすすめの借入方法と言えます。

ただし、ほとんどの方はゆうちょ銀行の定額預金や定期預金はないと思います。

そもそもお金の余裕がない方が定期・定額預金をしているとも考えにくいからです。

生命保険の契約者貸付制度を利用する

生命保険の契約者貸付制度とは、生命保険の契約者が、生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りられる制度です。

注意点としては、

①まず生命保険の契約者でなければお金を借りられないということです。

②また、解約返戻金がある生命保険でないとダメですので、いわゆる掛捨ての生命保険ではこの制度は利用できません。

ですので、例えば「お父さんが生命保険の契約をしていて、保険の受取人が自分だ」という人がこの制度を利用するようなことはできません。

生命保険の契約者貸付制度を利用するメリット・デメリット

生命保険の契約者貸付制度を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・1時間以内に借りられる可能性が高い

・金利が安い

・審査が不要

デメリット

・契約者貸付制度のある生命保険に加入していないとダメ

・契約者のみ利用できる

生命保険の契約者貸付制度は、契約者のみしか利用できないというところがかなりネックになりますが、審査が不要で金利も安いため、もし該当しているのであれば積極的に利用してもいいと思います。

質屋でブランド品などを担保にしてお金を借りる

あまり知られていませんが、質屋にブランド品を預ける(担保にする)ことでお金を借りることができます。

当然、お金を返せば預けているブランド品は戻ってきます。

質屋でブランド品などを担保にしてお金を借りるメリット・デメリット

質屋でブランド品などを担保にしてお金を借りるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・1時間以内に借りられる可能性が高い

・家族や友人にバレない

デメリット

・ブランド品などの高額商品が手元にないとダメ

・金利がめちゃくちゃ高い

まず、ブランド品などの高額商品をもっている人がお金に困るというのは少々矛盾していますので、この方法をとれる人は少ないでしょう。

また、金利がめちゃくちゃ高いのが最大のデメリットです。

質屋については、質屋営業法という法律があり、金利が自由に定められることになっています。

ですので、金融機関などの金利より相当高くなってしまうことが多いのです。

有名な質屋である大黒屋は月利をかなり下げていますので、実質、消費者金融などの金利とかわらない程度の月利ですみます

大黒屋 月利0.95%〜1.5% ※10万円未満の借入については月利がさらに増える可能性あり
一般的な質屋 月利1%〜8%

友人に借りる

友人に借りるという方法もよく使われる方法です。

友人に借りるメリット・デメリット

友人にお金を借りるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・金利がほぼかからない可能性がある

デメリット

・信用をなくす可能性がある

・多額に借りられない

友人に借りる方法は、正直おすすめできません

筆者は友人に借りるくらいなら金融機関や消費者金融などの正式なところで借ります。

というのも、友人の信用をなくすからです。

友人からお金を借りても返さない人が多いため、友人に貸して返ってこなかった経験がある人は、借りたいと友人に言われた瞬間にその友人の見方がかわるのではないでしょうか。

交番で借りる

交番でお金を借りられることを知っていましたか。

交番で借りるメリット・デメリット

交番でお金を借りるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・金利(利息)が発生しない

デメリット

・トラブルに巻き込まれたという理由がないと借りられない

・多額に借りられない

・未成年んの場合は親にバレる

・返済しないと逮捕される

交番でお金を借りるケースの多くは、財布を盗まれて、家まで帰る交通費がなくなった時でしょう。

基本的には、トラブルに巻き込まれた時に、必要最低限のお金を借りることしかできませんので、交番からお金を借りられるケースは限定的と考えておいてよいと思います。

銀行・信金・労金(ろうきん)などの金融機関で借りる

多くの人が思いつくこととして、銀行や信金、労金などの金融機関でお金を借りる方法があります。

特に、銀行や信金などは消費者金融と同じようなキャッシング・カードローンのサービスを用意していて、個人でも気軽にお金を借りられるようになっています。

銀行・信金・労金などの金融機関で借りるメリット・デメリット

銀行・信金・労金などの金融機関でお金を借りるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・金利が低い

・審査完了まで1週間程度と比較的早い

デメリット

・審査が通らない可能性がある

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

特徴

・金利:年1.8%~14.6%

・利用限度額:10万円~500万円

・借入、返済ともにATM手数料0円

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは、銀行最大手三菱UFJ銀行が提供するカードローンです。

銀行口座を作っていれば、簡単に借入枠を設定し、銀行のキャッシュカードにカードローン機能を追加させることが可能です。

金利も消費者金融系のキャッシングより安いため、即日融資にこだわらないのであればおすすめのカードローンと言えます。

三菱UFJ銀行カードローン 公式

三井住友銀行カードローン

特徴

・金利:年1.5%~14.5%

・利用限度額:10万円~800万円

・土日24時間審査可能で、最短翌日からの融資が可能

三井住友銀行カードローンは、銀行系カードローンですが、最短翌日から融資が可能というのが魅力です。

こちらも、銀行口座を作っていれば、簡単に借入枠を設定し、銀行のキャッシュカードにカードローン機能を追加させることが可能です。

金利も消費者金融系のキャッシングより安いため、即日融資にこだわらないのであればおすすめのカードローンと言えます。

三井住友銀行カードローン 公式

みずほ銀行カードローン

特徴

・金利:年2.0%~14.0%

・利用限度額:10万円~800万円

・土日24時間審査可能で、最短翌日からの融資が可能

みずほ銀行カードローンは、金利の上限が14%と他の大手より少し低いのがうれしいところです。

他の銀行系カードローンと同じで、銀行口座を作っていれば、簡単に借入枠を設定し、銀行のキャッシュカードにカードローン機能を追加させることが可能です。

みずほ銀行カードローン 公式

楽天銀行

特徴

・金利:年1.9%~14.5% (キャンペーン期間中は金利が半額)

・利用限度額:10万円~800万円

楽天銀行カードローンは、現在キャンペーン中で、金利が半額(0.95%~7.25%)となっています

キャンペーンの対象は申込が2021年11月2日の10時までのもので、金利半額適用期間は2021年12月30日までとなっています。

楽天銀行カードローン 公式

地方銀行

地方銀行でもカードローンはあります。

地方銀行のカードローンで有名かつ人気のカードローンを紹介します。

基本的に紹介するすべての地方銀行カードローンはWEBやアプリ完結ですぐに申し込み、契約することができます。

※各銀行カードローンの名前をクリックすると、銀行カードローンの公式HPへ飛べます。

借入限度額 金利 特徴
横浜銀行カードローン 10万円~1,000万円 1.5%~14.6% 審査が最短翌営業日と早い

審査はプロミス基準

中京銀行カードローン「C-style」 10万円~500万円 4.9%~14.5% 対象年齢が75歳まで(他の金融機関は70歳までの場合が多い)

審査はアコム基準

福岡銀行カードローン 10万円~1,000万円 3.0%~14.5% 全国に拠点があるため、近くに福岡銀行の支店がある人にはおすすめ
千葉銀行カードローン「ちばぎんカードローン」 10万円~800万円 1.4%~14.8% 関東健在住の人で近くに千葉銀行のATMがある人におすすめ

審査はアコム基準

北海道銀行カードローン「ラピッド」 1万円~800万円 1.9%~14.95% 全国のコンビニATMの手数料が0円のため全国で気軽に利用できる

信金(信用金庫)

信金でも、地方銀行のようなWEB完結のカードローンを提供しているところがあります。

ただし、信金の場合には、消費者金融、銀行、地方銀行のように使いみちが自由なカードローンではなく、使い道を伝えないとダメなローンが多いです。

もし、信金に口座を持っている人や近くに信金の支店や本店があるような人であれば信金のカードローンを検討してみても良いかもしれません。

労金(ろうきん)

労働組合や生活協同組合に加入している人は、ろうきん(労働金庫)を利用して、カードローンでお金を借りることが可能です。

ちなみに、労働組合とは、労働者が労働者同士で協力しあって助け合う組合のようなもので、まさにろうきんは、労働者のためのローンといえます。

組合員であれば、審査などが有利に働く可能性が高いため、もし組合に加入しているのであれば検討してみるとよいでしょう。

ろうきんのカードローンは他の金融機関と少し異なる特徴があるため紹介しておきます。

ろうきんの特徴

・金利が安い(最高でも8.5%)

・ろうきん友の会への加入と個人出資(最低1000円)が必須

・審査に2週間以上かかる場合がある

ペイメントの少額融資を利用する

最近、増えてきたPayPay、楽天ペイ、メルペイ、LINEPayなどのペイメントですが、一部のペイメントは少額融資が利用できるようになっています。

ペイメントの少額融資を利用するメリット・デメリット

ペイメントの少額融資を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・新規サービスのため無利息キャンペーンなどが充実

・審査完了は翌日~1週間程度と比較的早い

デメリット

・50万円を超えるような多額な借入は原則できない

・金利が高い

PayPay(ペイペイ)

特徴

・100日間の無利息キャンペーンがある

・PayPayのトップ画面から契約や借入が簡単にできる

・金利が最大で18%と高い

PayPayの少額融資は、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のカードローンをPayPay上のミニアプリから行えるといったものになります。

したがって、基本的には銀行のカードローンと同じです。

嬉しい特徴としては、100日間無利息キャンペーンなどお得なキャンペーンがあるということ、PayPayユーザーであればPayPayの画面から簡単に借入ができるということです。

一方で、金利は消費者金融と同じく最大で18%と少し高めになる可能性があり、その点はデメリットといえます。

PayPay銀行カードローン 公式

LINE Pay(ラインペイ) LINEポケットマネー

特徴

・100日間の無利息キャンペーンがある

・LINEの画面から契約や借入が簡単にできる

・借入限度額は50万円までと少なめ

・金利が最大で18%と高い

LINEポケットマネーは、みずほ銀行など3社が共同で出資して作ったLINECredit株式会社が運営しているカードローンになります。

基本的には、LINEの画面上で借入や契約ができる消費者金融系のカードローンと大差はありません。

即日融資はなく、基本的に3日間程度の審査が必要になります。

LINEでのやりとりをAIで認識し審査にいかすという斬新な審査方法が採用されているため、

他の消費者金融での審査が上手くいかなかった人もLINEポケットマネーであれば通りやすいということがあるかもしれません。

LINEポケットマネー 公式

ファミペイ ファミマ Tカード キャッシング

特徴

・金利が14.95%~17.95%と高い

・できたばかりのため、まだ使いずらい

ファミマTカードもキャッシング機能をスタートさせました。

金利が高く、まだ2021年夏にできたばかりということもあり使い勝手が悪いです。

今後のキャンペーンなどに期待しましょう。

ファミマカードローン 公式

緊急小口貸付制度(生活福祉資金の特例貸付)を利用する

緊急小口貸付制度とは、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、国が少額の資金を貸し付けてくれる制度です。

ちなみに、現在、コロナ渦のため通常10万円以下しか借りられないところ、一定の条件で20万円以下に引き上げされています。

緊急小口貸付制度を利用するメリット・デメリット

緊急小口制度を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・1週間以内に借りられる

・金利(利息)が発生しない

デメリット

・限度額が10万円以下と決まっている(現在はコロナ渦のため最大20万円)

緊急小口貸付制度は、生活費に困った人が対象

緊急小口貸付制度は、生活費に困った人が対象となっています。

キャッシング・カードローンなどと違い、原則、住まいの地区町村の社会福祉協議会に実際にいって借用書にサインしたり、住民票などを提出するなど手間がかかります。

また、審査通過のためには低所得者であることや世帯に高齢者や障害者がいることなどが条件になってくる可能性もあります。

コロナ渦で利用者が急増しているようですので、お金がすぐに必要な方は、審査に時間がかかる可能性を考慮して、早めに審査を受けたほうがいいでしょう。

参考:厚労省HP

従業員貸付制度を利用する(給与の前払いをしてもらう)

従業員貸付制度、給与の前払などを利用して、会社からお金を借りるという方法もあります。

従業員貸付制度を利用するメリット・デメリット

従業員貸付制度を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・金利が低い可能性が高い

デメリット

・会社にバレる

・従業員貸付制度がない会社が多い

従業員貸付制度はそもそも用意されていない会社が多いのがネックになります。

また、管理部の人にバレてしまうため、噂で他の社員などにお金を借りていることがバレてしまう可能性もあります。

給与の前払いも会社側からはあまり良い印象では受け止めてもらえません。

なので、極力会社からお金を借りるという方法はとるべきではないでしょう。

公的な貸付制度を利用する

あまり、知られていませんが、様々な公的な貸付制度が存在しています。

公的な貸付制度を利用するメリット・デメリット

公的な貸付制度を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・金利(利息)が発生しない、もしくは低金利

デメリット

・条件を満たしていないとダメ

基本的には、公的な貸付制度は条件を満たすものであれば積極的に使った方が得になります。

というのもほぼ金利はゼロかゼロに限りなく近いため、借りることによる損はほとんどないからです。

臨時特例つなぎ資金貸付制度

臨時特例つなぎ資金貸付制度とは、失業等給付、住宅手当などの離職者を支援する給付金、

もしくは、公的貸付制度(就職安定資金融資など)の申請を受理されており、かつこの給付などの開始までの生活に困窮している人を対象に

10万円までを無利息・保証人なしでお金を貸してくれる制度です。

参考:厚労省HP

求職者支援金融資

求職者支援金融資とは、職業訓練受講給付金を受給しても、その給付金だけでは、

訓練受講中の生活費が不足する人を対象として、訓練を受講する予定の月に関して、月5万円~10万円の融資を受けられる制度です。

こちらは、年3%の低金利、保証人なしでお金を借りられます。

参考:厚労省資料

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度とは、20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等を対象として、事業資金、生活資金、子供の修業資金などを借入できる制度です。

基本的には保証人ありの場合、無利息、保証金なしでも1%程度の低金利でお金を借りられます。

もし、対象者に該当するのであれば利用した方が得になる可能性が高いでしょう。

借入限度額も、事業資金などは数百万円借りることも可能となっているためお得です。

参考:内閣府HP

マイクロファイナンスを利用する

マイクロファイナンスとは、貧しい人々向けに小口の融資や貯蓄などの金融サービスを提供するものです。

経済発展途上国でよく使われる制度ですが、日本でも低所得者向けの貸付制度として確立しています。

グラミン銀行などがマイクロファイナンスでは有名です。

マイクロファイナンスを利用するメリット・デメリット

マイクロファイナンスを利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・金利が低い

・審査に通りやすい

デメリット

・少額しか借りられない

金利は基本的に年6%と安いのが嬉しい特徴ですが、20万円程度からしか借りられず借入限度額は低いのがデメリットです。

また、資金使途は就労で所得を得るための資金として限定されています。

マイクロファイナンスであれば、自己破産者や多重債務者でもお金を借りられる

マイクロファイナンスは、低所得者向けの貸付制度ですので、

消費者金融や銀行からの借入と違い、自己破産者や多重債務者でもお金を借りられるのが特徴です。

個人がお金を借りる以外で、すぐにお金(現金)を手に入れる方法とは

そもそも、お金を借りるという選択肢以外で、すぐにお金を手に入れる方法があるかもしれません。

借入は原則利息が発生しますので、まず借入を検討する前にすぐにお金が手に入る方法を検討するのが良いでしょう。

個人事業主であれば、ファクタリングを利用する

個人で事業を営んでいる人であれば、ファクタリングを利用することができます。

ファクタリングとは、1か月後、2か月後などに振り込まれる予定の売上(売上債権や売掛金と言われるもの)を業者に買い取ってもらい、すぐに現金化する方法です。

ファクタリングは、それなりの手数料をとられるというデメリットはあるものの、借入とは違い借金ではないため、気分的にも経済的にも安心です。

ファクタリングに関する以下の記事も是非参考にしてみてください。

即日入金が実現できるファクタリングサービス
【ガチ検証】即日入金してくれる審査が早いおすすめファクタリングサービス!個人事業主や少額でもオンラインでOK

即日入金してもらうために、ファクタリング会社選びはとても重要です。 というのも、ファクタリング会社は審査のフローや、審査準備の手間がサービスによってバラバラです。 つまりファクタリング会社選びをミスっ ...

続きを見る

個人事業主・フリーランスにおすすめのファクタリングサービス
【少額でも損しない】個人事業主・フリーランスが利用すべきオンラインファクタリングサービス

個人事業主やフリーランスをやっていると、どうしても手元の資金が足りなくなるときってありますよね。 とは言うものの、 「借金するのはこわい」 「これ以上、借り入れを増やすのはしんどい」 こんなとき、ファ ...

続きを見る

メルカリやヤフオクで家にある不要な高額商品を売却する

さて、誰でも思いつくかもしれませんが、メルカリやヤフオクなどのネットの個人間売買で家にある不要な商品を売却するのも一つの手です。

ブックオフ、ハードオフ、質屋、フリーマーケとなどで不要な商品を売却する

ネットだけでなく、ブックオフやハードオフ、質屋、フリーマーケットなどで不要な商品を売却するのも一つの手でしょう。

各種副業サービス(クラウドワークス、ココナラ)を利用する

クラウドワークスやココナラを利用して、副業をしてみるのも良いでしょう。

クラウドワークスであれば、簡単なアンケートに答えるようなものなどもあり、ちょっとした隙間時間ですぐに小遣い稼ぎをすることもできます。

また、ココナラを利用して、自分が得意な領域でスキルをうるようなことも可能です。

日雇いバイトをする

工事現場のバイトや派遣などは日雇いバイトでその日に働いた分のお金をもらうこともできます。

すぐにお金が欲しいという方はそういうバイトをするのも手でしょう。

公的給付を受ける

公的給付を受けるというのも手です。

公的給付には、休業手当(失業手当)やコロナの持続化給付金など有名なものもありますが、

住宅給付確保給付金、傷病手当金などあまり馴染みのないものもあります。

条件に当てはまるかどうかが肝にはなりますが、一度調べてみるのがよいでしょう。

法人(会社)で、お金を借りる・調達する方法

さて、ここからは法人でお金を借りる方法、お金を手に入れる方法をご紹介します。

出資を受ける

金持ちの知り合いがいるか、自身のプレゼン能力の高さがあるかなどがカギになりますが、出資を受けるという方法があります。

出資の場合、借入とは違い、返済義務もありませんし、利息を払う義務もありません

また、出資の場合は通常低くても数百万円、多ければ数億円を調達することが可能なのもメリットの一つです。

ただし、出資契約の内容によってはバイバック条項とよばれるような、一定の条件を満たさなければ買い取りをしなければならないような出資もありますので、注意が必要です。

友人や家族からお金を借りる

友人や家族からお金を借りるのも有効な手段です。

個人で友人や家族からお金を借りるよりは、理解は得やすいかもしれませんが、やはり身内からお金を借りるというのは気が引けます。

また、返済が滞れば大きく信用を失うことにもなります。

ですので、あまりお勧めはできない方法です。

補助金や助成金を利用する

法人の場合、補助金や助成金が充実しています。

有名なところでは、コロナの補助金やIT補助金などがありますが、それ以外にも様々な補助金や助成金があります

また、自治体によっても違いがあるのも特徴の一つです。

日本政策金融公庫からお金を借りる

法人をつくりたての頃に、多くの経営者がお金を調達するために日本政策金融公庫を活用します。

日本政策金融公庫は創業支援のための借入がしやすいような制度があり、500万円程度であれば比較的簡単に借入ができます

銀行・信金などの金融機関からお金を借りる

法人としての売上などの実績がないと難しい場合も多いですが、銀行や信金などの金融機関に相談してみるも良いでしょう。

ただし、銀行や信金は、日本政策金融公庫のように簡単にお金を貸してくれるようなことはありませんので、しっかりと信頼関係を作る必要があります。

また、そもそも口座を作ること自体もなかなかさせてくれない銀行や信金も多いのが現状です。

クラウドファンディングを利用する

最近、注目されているのがクラウドファンディングです。

クラウドファンディングは、不特定多数の個人から出資をつのる制度で、しっかりと個人のハートをつかめるようなプレゼンができれば比較的多くのお金を短期間に集めることが可能です。

お金を借りる時の注意点や豆知識とは?!

さて、ここからはお金を借りる時の注意点や豆知識を紹介していきたいと思います。

家族や友人に絶対バレない方法は存在しない!!

家族や友人にバレにくい方法として消費者金融のカードローンなどを紹介してきました。

家に郵送物が届いたり、書類が手元に残るようなことはないため、基本的に消費者金融のカードローンであればバレません。

しかし、返済が滞っていて家に連絡がきたり、カードを発行していてそのカードがばれる可能性はありますので、絶対にバレないという方法はありません

未成年者でも、学生ローンや奨学金を使えばお金を借りられる?

未成年者は、原則、消費者金融や銀行などの金融機関のローンは組むことはできません。

ただし、親の同意書などがあれば金融機関から借入ができる場合もあります。

もっとも、学生ローンというものがあり、親にバレずに未成年者の学生(18歳以上)でもお金を借りる方法があります。

また、大学などの奨学金を利用してお金を借りることも可能です。

学生ローンは金利が高いものも多く、できれば奨学金などの金利が比較的安い借入をする方がよいでしょう。

ブラックリストに入ってしまうと、消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りることは難しい?!

ブラックリストというのを聞いたことがある人も多いでしょう。

実は消費者金融や銀行などの金融機関は、信用情報機関で各社での借入状況や金融事故などのネガティブ情報を共有しています。

ブラックリストにのっている状態とは、信用情報機関で金融事故などのネガティブなことを起こした人のリストに入っている状態を指します。

基本的には、信用情報機関は複数あり、ある信用情報機関でブラックリストに入ってしまったら、

同じ信用情報機関に属している金融機関にはブラックリストにのっていることがバレますので、お金を借りることはできません。

ただし、ブラックリストは5年~7年しか保管されません

また、ブラックリストにそもそものっていない可能性もあります。

ブラックリストに入っているかどうか知りたい場合は、信用情報機関に情報開示を求めることで、開示を受けることが可能です。

もし、なぜかどこの審査もおりない、銀行で口座すら作れないという人がいれば、情報開示を求めてみるとよいかもしれません。

住宅ローンの審査落ちで、消費者金融からの借入がバレる場合があるので注意

消費者金融からの借入がある場合は、先ほどのように信用情報機関に情報が残っています。

よく、こっそり消費者金融からお金を借りていた人が、住宅ローンの審査を受けて落ち、家族に消費者金融からの借入があることがバレてしまうということがあります。

これは、まさに信用情報機関の情報から消費者金融での借入が住宅ローンの会社にバレてしまうことで、家族にも伝わってしまうという流れからバレてしまったというものです。

住宅ローンの審査を受ける場合には、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結論としては、個人で少額のお金をすぐに借りたいという方は消費者金融が一番おすすめです。

特に、アコムやプロミスは審査通過率が高いという調査結果になりましたので、審査が通るかどうか不安という方でも一度は審査を受けてみるとよいでしょう。

アコムの簡易審査はこちらから

プロミスの簡易審査はこちらから

  • この記事を書いた人
篠 昌義(公認会計士/税理士)

篠 昌義(公認会計士/税理士)

株式会社相談室代表取締役。有限責任監査法人トーマツで大企業から中小企業までの監査やコンサルティング、税理士法人で大企業の法人税から個人の所得税まで幅広く実務を担当したのち、自身も経営者としてシェアリングテクノロジー株式会社(東マ:3989)の取締役CFOから代表取締役まで幅広く経験。東証マザーズ上場の責任者を務めるだけでなく、上場後の事業推進、資金調達、M&A、組織改革などを幅広く企業拡大を牽引。 詳しい経歴・プロフィールは当メディアの運営者情報をご覧ください。

-資金調達

Copyright© 専門家の相談室|相続・ビジネス・お金・美容などの専門家とマッチング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.